" 輸入車の売却

やはり輸入車専門の買取店の方が高額で売却できる

■日本車ディーラー下取りでは確実に損をする

例えば外車から国産車に乗り換えるときなど、国産車のディーラーに下取りをしてもらいたいと考える場合があると思います。

輸入車から系列メーカーの国産車に乗り換えるんだからシェア拡大になり、喜んで下取りをしてくれるんではと思い勝ちかもしれませんが、よく調べると輸入車の下取りには違う事情があるようです。

結論を言えば、このような場合でも高く売りたいなら国産車ディーラーでの下取りは避けるべきです。

国産の新車同士の競合の場合、下取りを低くしすぎると競合する他社の国産車の方に顧客が流れてしまう心配があるので、ディーラーも下取り価格であまり低い金額は提示することができません。

でも、下取り車が輸入車の場合では低い下取価格を提示しても、価格帯が全く違う(新車購入予算がはるかに高くなる)輸入車の方に顧客が行ってしまう心配はほぼ無いといっていいでしょう。

車 売却

何しろ、輸入車から国産車に乗り換えようとしていえる顧客なのですから。

このような背景があるので、国産車ディーラーは輸入車の下取りには強気になるといわれています。

少なくとも、輸入車を好条件で下取りし「輸入車は下取りが有利だ」と思われるような、つまり自分の首を自分で締めるようなこと国産車ディーラーが行うことは無いと言っていいでしょう。


■やはり輸入車専門の買取店が有利

車買取専門店の中には、輸入車を専門に扱う業者や専門では無いが輸入車を幅広く扱っている業者があります。

「餅は餅屋」で、このような買取店のほうが販売ルートも多く、ダイレクトに売れる顧客も幅広く持っているかも知れず、好条件で売却できる可能性が高くなります。

少なくとも国産車ディーラーのように、輸入車が売れなくなって欲しいというような事情はありません。

このような業者であれば、オークションでの仕入れよりもコストのかからないオーナーから直接の買取りもあるはずで、高額買取のためのマージン幅が広いはずです。


■輸入車専門業者が参加する一括査定を上手に利用

輸入車を売るには輸入車専門買取店が有利だとわかっても、地域によっては近くにそのような業者を探すのが大変な場合もあるでしょう。

ですから、輸入車を売却するときこそ一括査定を上手に利用すればいいのです。

参加業者の多い大手の一括査定であれば、輸入車を好条件で買取れる専門業者も多く参加しています。

専門業者ですから輸入車のためなら多少遠くても出張査定してくれるかもしれませんし、見積もり比較だけで満足できる買取額を引き出せるかもしれません。

輸入車を高く売却したい場合は何をおいてもこの方法に限ります。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



○一般に輸入車のデメリットだといわれる点

・輸入の際の運搬中に傷やへこみが付く場合があり、販売前に専用のデポでの補修が必要となるが、そのコストが販売価格に加算されている。

・輸出を考慮していない車種の場合、実用上・安全上の問題が生じることがある。(速度計等がマイルの方が大きく表示されキロの方は小さいため、誤認して制限速度超過となる恐れがあったり、ドアやリアゲートが右側通行・左ハンドルを前提に作られているために日本では不都合が生じる場合など)

・小~中排気量車においてもハイオク指定となる場合が多いため、同クラスでもレギュラーガソリン仕様が主流の日本車と比較すると、目先の燃料費が割高になる。

・各種部品が割高で、維持費が高くなりがちである。正規代理店で購入した場合は購入後のサービスを低価格で受けられる場合もあるが、部品や工賃が日本車より割高な場合がある。

・ディーラー網やメーカー・ブランドが撤退した場合、保守面の不安が生じる。(サターン、オペル、ローバーなどの例)。

・一般に日本車よりディーラー数が少ない(ヤナセは174店舗シトロエンは70店舗、これに対しトヨタは約5000店舗、三菱でも751店舗。)


○輸入車こそ第一印象を大事にしよう

普通の車から見ればちょっと目を引く存在の輸入車、それだけに査定を受ける時は第一印象を大事にしたいものです。

査定前に少なくとも洗車・清掃はしておきたいものです。

うす汚れた外車ではステータスどころか輸入車であることがかえって逆効果になりかねません。



このページの先頭へ