" 軽トラックの売却

中古の軽トラックは隠れたる人気車種

■全国的に大変需要の多い軽トラック

普段はあまり注目されることの少ない軽トラックですが、実は農業用、建設業用、個人用などで全国的に大変需要の大きい車です。

しかも、新車だとすぐ汚れてしまうからでしょうか、新車で買うよりも中古車を欲しがる方がとても多いのが軽トラックの大きい特徴です。

このような事情を知らない多くの方がディーラー、JAなど、新車を買った時の販売店に下取りに出して「走行距離が10万Kmを超えているから廃車扱いです。」と言われることが多いと聞きます。

大変もったいないことです。

このような販売店に限ってその軽トラックを廃車どころか結構な値段で車買取専門店に売っているかも知れません。

いつもタマ不足で中古車需要の大きい軽トラックこそ買取専門店で査定額を競わせるべきです。

下取りでは「査定ゼロで、廃車手数料はウチで負担しましょう」と言われる軽トラックに、驚くような値段が付くこと請け合いです。


車 売却

■軽トラック買取の専門店まである

実際、管理者が住む地域でも中古車店などで中古の軽トラックを探して見ても見つけるのは容易なことではありません。

山菜狩りが盛んな地域で軽4駆の中古を探し出すのも大変なことですが、明らかにそれよりもタマが少ないようです。

運よく見つかって見れば、その値段のよさに驚いてしまいます。でも、その値段でも飛ぶように売れているのです。

そもそも軽トラックというのは普通の車のように乗換えをする車ではなく乗り潰すことの多い車だからでしょうが、それにしても需要の大きさに比べてこの供給不足は他の車種ではちょっと見られないものでしょう。

独自の販売ルートを持ち軽トラックを専門に高額で現金買取を行う専門店もあるくらいです。

※専門店の利用についてはこのサイトが参考になります。


■軽トラックの賢い売り方

上で紹介した軽トラック買取専門店では、「他店のお見積もりの後にご連絡いただいてもかまいません!本当に他店より高く買い取る自信があります。他店より10万円の差がでることもありますよ!」とネットで明言しています。

軽トラックを売る最もよい方法は、無料一括査定で各社の中の最高額を確認し、このような軽トラック買取専門店に連絡してみることではないでしょうか。

「まさに今、軽トラックが足りません!是非当店で軽トラックを売ってください。」とアピールする軽トラック買取専門店、このような専門店でさえも軽トラックはタマ不足なのです。

一括査定だけでも高額が期待できますが、この方法だと更に高額の買取が期待できます。

紹介した軽トラック買取専門店の見積もりサイトはコチラ⇒軽トラック買取専門店


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



軽自動車の規格に合わせて作られたトラックが軽トラックです。

最大積載量は350kg以下で、1960年頃までは三輪車が主流でしたが、その後四輪モデルが発展して市場の主流となっています。

荷台は、1960年代後期以降、より汎用性の高い高床式の三方開きが一般化し、後輪のホイールハウスを荷台から排除して荷台が広く使えるようになっています。

荷台のサイズにもついては、日本で多く用いられている1尺(30cm)・1.5尺(45cm)という尺貫法がベースになっているため、建築資材のパネル材やロール紙、農業用コンテナやダンボールの収まりが良いという特徴を持っています。

軽自動車であるため、通常のトラックと比べると車両価格や維持費(年間の自動車税や2年毎の重量税を含む車検費用)、任意保険、車両保険などが格段に安く、個人や零細事業者による保有・維持が容易であるというのが軽トラックの一番の強みでしょう。

全体の寸法とホイールベースが小さいので、狭い農道や建て込んだ住宅街の狭い道でも取り回しが容易という長所も見逃せません。

特に農家では、農業機械や収穫した作物などの運搬のために軽トラックは必需品のような存在で、耐候性のある2座席の車室を持つことから、日常の短距離移動のための「下駄代わり」としても重宝されています。

軽トラックは日本の農村風景における点景の一つになるほど普及しています。

軽トラックの価値を今一度見つめなおして見ましょう。



このページの先頭へ