" ディーゼル車の売却

海外で人気の高い日本のディーゼル車

■日本では厳しいディーゼル車の将来

車 売却

日本では排ガス規制がシビアでディーゼル車の将来は決して明るいとはいえません。

中でも、十数年前から都道府県単位で排出基準に適合しないディーゼル車は運行が禁止されるという厳しい規制が行われるようになり、ディーゼル車を取り巻く環境はますます厳しくなっています。(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・愛知県・三重県・兵庫県・大阪府)

対象地域でディーゼル規制のために乗り換え・廃車を考えている方の多くが、これまで乗ってきた自分の車には価格がつかないと考えているかも知れません。

現実に、次に乗る車を買うディーラーで下取り査定をしてもらっても値段がほとんどつかず、逆に廃車処分のための費用を請求されるというのが現状です。

ディーゼル車は規制のために国内では乗れなくなってしまうため、販売チャンネルをあまり多く持っていない新車ディーラーなどでは下取りしてもそれを再販することが難しくなっているからです。


■海外なら日本のディーゼル車が大人気

捨てる神あれば救う神ありで、排ガス規制なども厳しくない海外では、日本車は壊れにくいという評判もあいまって日本の中古ディーゼル車の人気はとても高いのです。

「日本のディーゼル車であれば中古でも欲しい」という人が、海外には大勢います。

したがって、海外中古車ディーラーなど海外への売却先を持つ買取専門店であれば、下取りでは値の付かないようなディーゼル車でも査定額を付け買取ることができるというわけです。

ネット検索してみればすぐわかりますが、「日本全国どこでもディーゼル中古車であれば無料査定ですべて引き取ります!」というようなディーゼル車専門の買取店まであります。

近年は、輸出業者のためにあるようなオークション会場があったり、日本中のオークション会場にも外国人輸出業者が多数参加していると言われます。

車買取専門店であれば、海外で需要の多い(輸出業者が買ってくれる)車はディーゼル車でも多走行車でも取引されることは十分にわきまえているはずです。


■ディーゼル車で一括査定を試してみる

繰り返しになりますが、ディーゼル車は国内でディーラーの下取りに出そうとしてはいけません。

ディーゼル車のような日本では値のつきにくい車種こそ【無料】一括査定を試してみましょう。

参加業者の多い一括査定には、ディーゼル車をはじめ幅広い車種を好条件で買取できる大手業者、ディーゼル車や過走行車の買取を得意にする業者など、多彩な業者が参加しています。

どの業者も一括査定運営会社の厳しい審査をクリアーして加盟している信頼度の高い業者です。

一括査定なら下取りなどでは考えられないようなディーゼル車の査定額を目にすることでしょう。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



※一括査定の詳細についてはコチラのサイトが参考になります。⇒http://alltenater.com/


「石油危機」といわれた第二次オイルショック後には、国内販売される乗用車の多くにディーゼルエンジンが用意され、新車販売台数のうち5%程度をディーゼル車が占めた時期もあったそうです。

しかしその後のディーゼル車の需要はバブル期前後にブームとなったRV等に限られるようになりました。

そして排気ガス規制の強化とともに1990年代後半以降には販売が急減しています。

排気ガス規制において温暖化に直結する二酸化炭素の排出量が重視されるヨーロッパでは、燃費がよく(環境にやさしい)二酸化炭素の排出量が少ないディーゼル車が普及しています。

また、ヨーロッパの軽油は硫黄成分が日本の軽油よりも厳格な基準で規制されており、軽油自体がキレイです。

そのため、Nox,Soxなどの排出量が少なく、ディーゼル車の普及を助けています。

日本でも最近硫黄分除去プラントを新設するなど、各石油メーカーが動き出しました。

石原都知事の問題提起からしばらくしてやっと国政等が動きだしたというところでしょうか。



※愛車売却に欠かせない一括査定 ⇒ http://ganbaman.com/

このページの先頭へ