" 車の売却で絶対に損をしない方法があります

複数の買取店が無料で査定してくれ、競争してくれる

下取り査定や買取店1店だけの査定で車を売却すると確実に損をします。
競争がないので提示額が高くならず交渉で高値にすることもむずかしいからです。

車 売却

・車の売却で絶対に損をしたくない

・一番高く買取ってくれる所に売却したい

そんな場合はどうしても複数の買取専門店に査定をしてもらうことが必要になります。

かつては自分で買取店に車を持ち込んで査定してもらうしか方法がありませんでしたが、今では一括査定という大変便利な無料サービスがあります。

一括査定を利用すれば、複数の買取専門店が無料で訪問査定をしてくれ、自宅に居たままで各社の買取額を競わせることができます。

競争ですから、各社の提示額を見比べて更に高額買取の交渉をすることもできます。

毎年多くの人が利用する一括査定は
今や車を売却するときに欠かせない【無料】サービスです。

■一括査定はこんなに便利

チェック自宅にいたまま無料で車の詳細な査定をしてもらえる(無料訪問査定)
チェック複数の買取専門店が買取額を競うので愛車を高く売ることができる
チェック24時間いつでも1分~数分程度の簡単な入力で利用できる

「買取専門店巡り」はもう必要ありません。
最短だと1分足らずの入力で申込みできる一括査定を、ぜひ一度お試しください。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


一括査定のサービスは上の「かんたん車査定ガイド」をはじめたくさんあります。
利用者が多く特におススメのものを紹介します。
どれも成約手数料などの心配の無い完全無料ですので安心して利用できます。

こちら 人気の車一括査定サービスを比較

おすすめのサービス 5段階評価            詳  細

かんたん車査定ガイド

車 売る
★★★★★

ともかく入力が簡単!人気急上昇中の一括査定

●最短32秒の入力で最大10社からの一括見積が可能。

●中古車の買取一括査定サイトの決定版です。

●入力後すぐに概算査定額がわかり相場のチェックにも最適です。

詳細はこちら⇒ かんたん車査定ガイド

ズバット車買取比較

車 売る
★★★★★

全国展開大手の買取業者が多数参加

●大手を含む107社から厳選された8社に一括で査定依頼。

●人気薄の車や過走行車に強いと定評がある一括査定です。

●毎月の買取強化車種であれば更に好条件が期待できます。

詳細はこちら⇒ ズバット車買取比較

カーセンサー.net
簡単ネット査定

車 売る
★★★★☆

あの雑誌カーセンサー運営のオンライン一括査定

●加盟業者数が多いのが最大の特徴で地方でも高額が期待できます。

●最大11社の見積もりが可能なのはカーセンサーだけ。
(他社は最大10社まで)

●メールでの連絡を選べるので電話連絡が煩わしい方は助かります。



一括査定を上手に利用して高額売却


■訪問査定

① 概算見積もりを比べてから査定を受ける

いそがしくて立会いの時間があまりとれない、訪問査定のオファーが多くて日程調整が難しいなどの理由で、買取店を絞ってから査定を受けたい場合があるかもしれません。

そのような場合には、一括査定の申込み時に『まずはメールでの概算額を比べたい』と言う旨を記入すればいいでしょう。

記入にもかかわらず「査定をさせてくれ」と強引に電話をしてくる業者は、マナーが悪くその後の好展開も期待できないので候補から外しましょう。

しつこい場合は「一括査定運営会社に通報する」と伝える方法もあります。

数社に絞れたら後は連絡をして各社が重ならないように訪問査定の日程を決めます。

② できるだけ多くの買取額を比べる

時間が十分とれるので、できるだけ多くの買取専門店に訪問査定をしてもらいたいという場合もあるかも知れません。

その場合は、一括査定サービスを一つだけでなく複数利用すればいいでしょう。

ランキングで紹介したサービスがおすすめですが、それ以外のサービスもたくさんあり、ネットの検索ですぐに探し出すことができます。

一括査定を複数利用すれば、日程調整などが大変かもしれませんが、訪問査定を行う業者を確実に増やすことができます。


車の無料査定

■査定日には即決をしない

買う気満々の業者などは「今日即決してくれればがんばって○万円上乗せする」などと迫って来るでしょうが、査定を受けた日に即決するのは避けましょう。

訪問査定を行った買取店はお互いがみんなライバル関係にあり、お互いの提示額が気になるという関係にあります。

買う気満々の買取店はその競争を早く終わらせようと即決を迫ってくるのですが、その提示額を知れば「うちならもっと上乗せできます」という買取店がいるかもしれないのです。

オーナーが「各社の査定額を全部見てから決める」といえば、本当に買取りたい専門店は後だしじゃんけんで最高額を付ける覚悟を決めるということもあるかもしれません。

全部の買取店の査定が終わる前に結論を出してしまうのはくれぐれも避けましょう。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら



自動車税の還付には気をつけよう

買取額はA社の方がB社より1万円高いが、
自動車税の還付を含めるとB社の方が受取総額が多くなる。

ちょっと分かりにくい話ですが、これは車を売却する時に実際に起こり得る注意点です。

●1年分を一括前払いする自動車税

自動車税の納税は、1年分(4月~翌年の3月分)を5月頃に一括して前払いすることになっています。

年度途中で名義変更があれば過払い状態になっている余剰分の自動車税が月割り計算で返金(還付)されるしくみになっています。

ですから車を売却した場合、名義変更の翌月分からの自動車税の余剰分が買取専門店から還付されるのが本来の姿です。

排気量によって異なりますが、時期によっては還付される金額は数万円にもなります。
(2500ccクラスだと半年分で約3万円もの金額になります。)


●中には月割りの還付を行わない買取店がある

ところが、車買取店の中には「自動車税還付コミの買取額」「車両代金に含まれている」などという形でこの還付が行わない業者もあるので注意が必要です。

自動車税はあくまで税金であり車両代金に含めるべき筋合いのものではないのですが、現実にこのような買取店があるのも事実であり注意しなければなりません。

電話連絡や出張査定の時などに「自動車税は戻ってきますよね?」などと必ず確認しておきましょう。

■還付も含めた受け取り金額で比べる

「自動車税還付込みの買取額」を提示する業者が混じった場合は、還付も含めた受け取り金額でどこが一番高額になるのかをチェックしましょう。

なお、軽自動車の場合は月割計算のしくみになっていないので、年度途中の自動車税の返還はありません。

売却を決めてからも契約書にサインをする前に自動車税の還付はどうなっているのかしっかりと確認することをオススメします。

■査定のチェックポイント

・車種(中古市場での人気度)

一般的な傾向として、セダンやクーペタイプは査定が安く、ミニバンやオフロード系4WD、ステーションワゴンなどのタイプは査定が高くなるといわれています。

しかしこれらSUVも市場では次第に飽和状態に近づいており、買い取り・販売価格ともに安定期から低迷期になりかけてもいるようです。

軽自動車は税金や保険料などの維持費の安さから、地方を中心に一定の中古市場があり値崩れしにくく、1000ccクラスよりも高査定が付くことが多いといわれます。

・グレード(装備品を含む)

車種ごとに多数のグレードがあり、更にグレードごとにも主要装備、排気量に差がある場合もあるので、これらが査定額に大きく影響します。

社外装備品も一定の評価はされるものの、取り付けが丁寧であるか、その車種にマッチしたものかどうかも判断されるため、査定額が上がるとは限らないのが実情です。

純正部品に戻さなければならないと判断された場合、むしろ査定額が下がるケースもあります。

・年式

年式が新しいほど高査定額になるのは言うまでもありませんが、同車種同年式でもマイナーチェンジやモデルチェンジなどによって査定額に大きな差が出ます。

・走行距離

年間走行距離の標準的な目安は、軽自動車で8,000km、普通車で10,000kmとされています。

これを超えると減額されそれ以下の場合増額されます。

ただし、自動車も機械であるのである程度動かしていないと動作不調に陥りがちであり、年数から見て極端に少ない走行距離物件を探す出すのはのは困難だといわれています。

※車の高額売却法についてはこのサイトもごらんください。 ⇒ 自動車の査定売却法



軽自動車 任意保険

このページの先頭へ